カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

プルーフの主

このサイトでは初めてのブログをアップしました。就職難の時代、会社に入るばかりが能じゃない。一国一城の主を目指して、起業しましょう!このブログを読めば、ヒントがあるかも。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

マイクロファイバークロス(超極細繊維で出来た布)はなぜ汚れを良く落とすのか?

理由その1: 繊維が細いから

マイクロファイバーとは?の写真でお分かりのように、マイクロファイバーはその太さが髪の毛の1/100〜1/300という大変細い繊維です。ですから、布の表面には繊維と繊維の間に無数の細かな穴(空間)があります。その細かな穴が驚異的な毛細管現象を起こします。水分、汚れ、油分等は、この毛細管現象の働きで、布の空間の中に吸い込まれていきます。(参考:ポリエステル繊維・ナイロン繊維は、共に疎水性繊維なので、繊維そのものが水分を吸収するわけではありません。)

理由その2: 繊維の角がとがっているから

普通の繊維は図1のように断面が丸くなっています。ですから物の表面を拭いても(汚れを全く取らないわけではありませんが)、汚れを引き延ばすだけで十分に除去できない場合が多いのです。

マイクロファイバーの断面は図2のように、星形をした芯(ナイロン)と三角形の形をしたポリエステル部より成り立っています。この三角形の角が汚れを引っ掻き取る働きをします(スクレイパー効果)(図3参照)。ですから誰が拭いても普通の布と全然違うという事がすぐに分かるのです。なおかつ、何度も洗ったり、使用を繰り返すうちに芯の部分と三角形の部分が徐々にほぐれてきて、三角形の角がますます露出する傾向がありますので、物をきれいにする効果は落ちるどころか、むしろ良くなります。

追記:

繊維の力だけできれいにしますので、この布を包丁やハサミでズタズタにするか、又は燃やしてしまわない限りかなり長期間使えますので、大変良心的な商品です。又、洗剤・ケミカル等の使用量が極端に減りますので(それらを使わなくても綺麗になってしまうから)、地球環境にたいへん優しい商品です。

マイクロファイバークロス・マイクロファイバータオルの専門商社『プルーフ』

ピックアップ商品